建売住宅のアフターサービスとは?内容や注意点をご紹介の画像

建売住宅のアフターサービスとは?内容や注意点をご紹介

豆知識

丸山   大仁

筆者 丸山 大仁

不動産キャリア11年

明るく楽しく家探しがモットーです(^^♪
お客様にとって何が1番いいのか?  ご提案させていただきます♪



建売住宅の購入を考えている方にとって、購入後のアフターサービスは気になるところです。
一戸建て住宅は、マンションと違い自分で住宅の修繕をおこなう必要があるため、メーカーのアフターサービスの内容は購入を決める重要な要素のひとつといえます。
今回は、建売住宅のアフターサービスとはなにか、アフターサービスの内容や注意点についてご紹介します。

建売住宅のアフターサービスとは?


建売住宅には、法律で新築住宅の構造上主要な部分と雨漏りについては、10年間の保証が義務づけられています。
しかし、その新築住宅の10年保証以外にも、ハウスメーカーや工務店がそれぞれに独自のアフターサービスを用意しています。
メーカーによっては、定期点検や長期無料保証などのサービスをおこなっているところもあるので、契約前にアフターサービスの保証内容をよく確認しておくと良いです。


建売住宅のアフターサービスの内容とは?



建売住宅のアフターサービスについては、書面で内容を確認しておくことが大切です。
対象となる項目や、それらの項目ごとの期間が明記してあることを確認して、その期間の基準が引き渡し日からなのか、完成日からなのかもチェックしておく必要があります。
アフターサービスの内容はハウスメーカーや工務店によって異なりますが、一般的な内容と期間は、基礎・外壁・床などの仕上げは引き渡しから2年間としている会社が多いです。
外壁・内壁・床・天井などの下地材、給水・排水・電気設備・樋・建具なども引き渡しから2年間、シロアリは5年間、雨漏りや主要な構造部分は10年間になります。


建売住宅のアフターサービスの注意点とは?



建売住宅のアフターサービスを受ける際の注意点として、保証期限が切れる間にとくにお知らせがない点が挙げられます。
普段トラブルなく生活できていると保証のことは忘れがちですが、いざ住宅にトラブルが発生したときに、保証が期限切れになってしまっているケースは少なくありません。
新築から2年で切れるアフターサービスも多いので、新築から2年経過するまでの間に契約書を確認して、それぞれの項目の保証期限を確認しておくと安心です。



まとめ


建売住宅にはアフターサービスがついており、その内容や期限はハウスメーカーや工務店によって異なります。
いざ必要になったときに期限切れとならないよう、普段からアフターサービスの保証期限を把握しておき、保証期限が切れる前に家の状態をチェックしておきましょう。

郡山市で不動産購入するなら、サンズ株式会社にお任せください。
何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。






”豆知識”おすすめ記事

  • 住宅ローンの共有名義と単独名義とは?それぞれがおすすめなケースを解説!の画像

    住宅ローンの共有名義と単独名義とは?それぞれがおすすめなケースを解説!

    豆知識

  • 実家売却がつらいと感じる理由?所有し続けるリスクも解説の画像

    実家売却がつらいと感じる理由?所有し続けるリスクも解説

    豆知識

  • 不動産の固定資産税を滞納するとどうなる?払えない場合の対処法も解説!の画像

    不動産の固定資産税を滞納するとどうなる?払えない場合の対処法も解説!

    豆知識

  • 子育てエコホーム支援事業とは? 押さえたいポイントを解説!の画像

    子育てエコホーム支援事業とは? 押さえたいポイントを解説!

    豆知識

  • 不動産買取とは?満足いく売却のコツをご紹介!の画像

    不動産買取とは?満足いく売却のコツをご紹介!

    豆知識

  • 不動産購入後に届くお尋ねとは?手紙の内容や届いたらどうするのかを解説の画像

    不動産購入後に届くお尋ねとは?手紙の内容や届いたらどうするのかを解説

    豆知識

もっと見る