建売住宅が安い理由は?人件費・スケールメリット・その他の理由を解説♪の画像

建売住宅が安い理由は?人件費・スケールメリット・その他の理由を解説♪

豆知識



建売住宅は注文住宅より価格が安いため、マイホームの購入でよく選ばれます。
しかし、安さの理由がわからないと、住宅に欠陥があるのではないかと不安に感じる方も多いみたいです。
そこで今回は、建売住宅が安い理由について「人件費」「スケールメリット」「その他」の視点から解説します。


人件費における建売住宅が安い理由

建売住宅が安い理由にはさまざまなものがありますが、そのなかでもよくいわれているのが「人件費」です。
建売住宅はプランの規格化をおこなっており、どの住宅も似たようなシンプルな間取りで分譲します。
詳細設計を省ける仕組みとなっているため、設計料も大幅なコストダウンが見込めるのです。
工事にかかる人件費は工期の長さにも左右してくるので、期間を短縮できる建売住宅は価格が安くなります。
とくに、現場管理・施工監理を削減できるところは大きな魅力です。


スケールメリットにおける建売住宅が安い理由


一般的に、建売住宅は一棟だけでなく複数の住宅を同時販売します。
このようなケースでは、分譲業者が大きな土地を仕入れて売りやすい大きさに分割することがほとんどです。
相場より安い価格で土地を購入できるため、結果的に住宅の販売価格も安くなる傾向にあります。
また、建築資材や設備の大量生産・大量仕入れができるのもスケールメリットのひとつです。
建売住宅は似たような構造・間取りの物件を複数建築するので、棟数が多いほどコストを削減できます。
設備があれば自社生産も容易にできるため、仕入れコストは大幅に減少します。


建売住宅が安いその他の理由


建売住宅が安いその他の理由として挙げられるのは、モデルハウス・住宅展示場の経費がないことです。
注文住宅と比べても販売コストがかからないため、結果的に物件価格が安くなります。
さらに、オプション工事費用が入っていないことも価格が安く明記されている理由のひとつです。
網戸やカーテンレールやTVアンテナやカーテンレールやエアコンなどの設置は、追加で費用がかかるので注意しましょう。
ただ、物件によっては食器洗い乾燥機や昇降式吊戸棚なども標準仕様となっているため、購入時にしっかりと確認しておくことが大切です。


まとめ


建売住宅が安いのは、プランの規格化や工期の短縮により人件費の削減ができるからです。
また、広い土地を購入したり資材の大量仕入れをしたりとスケールメリットが得られるのもポイントです。
他にも、モデルハウスの経費が必要ないことやオプション費用が含まれていないことが理由として挙げられます。

郡山市で不動産購入するなら、サンズ株式会社にお任せください。
何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。



”豆知識”おすすめ記事

  • 不動産の買い替えにかかる税金について!特例を併用できるケースもご紹介の画像

    不動産の買い替えにかかる税金について!特例を併用できるケースもご紹介

    豆知識

  • 予算500万円でどこまでリノベーションできるの?費用相場や注意を解説の画像

    予算500万円でどこまでリノベーションできるの?費用相場や注意を解説

    豆知識

  • 建売住宅のアフターサービスとは?内容や注意点をご紹介の画像

    建売住宅のアフターサービスとは?内容や注意点をご紹介

    豆知識

  • 不動産会社の高額査定の意図とは!?査定額がバラバラな理由もご紹介!の画像

    不動産会社の高額査定の意図とは!?査定額がバラバラな理由もご紹介!

    豆知識

もっと見る