サンズ株式会社 > サンズ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > マイホームに人気のウッドデッキ!住宅設備としては実際どうなの?

マイホームに人気のウッドデッキ!住宅設備としては実際どうなの?

≪ 前へ|あると便利な床下収納!床下収納をつくるメリットや注意点とは?   記事一覧   人間をダメにしてしまうアイテムとは・・・(#^.^#)|次へ ≫

マイホームに人気のウッドデッキ!住宅設備としては実際どうなの?

カテゴリ:豆知識




ココ数年で住宅設備としての人気が急上昇しているウッドデッキ。
一戸建て住宅でもベランダ感覚で庭が使えるようになったり、モダンで開放的な雰囲気の家になったりと、いろいろな魅力がありますよね。
今回はマイホームの住宅設備としてのウッドデッキについて、ご説明していきたいと思います。


マイホームの住宅設備にウッドデッキを導入するメリットとデメリット
人気がありマイホームに導入する方も増えつつあるウッドデッキ。
最近の新築住宅で標準装備されることもありますし、既存住宅にプラスαで取り入れる設備としても人気を呼んでいます。
マイホームにウッドデッキがあったら良いなと考えているご家庭も多いかとは思いますが、やっぱり実際の使い心地などが気になりますよね。
ウッドデッキのメリットとしては、洗濯物や布団などの外干しのしやすさが格段にアップする!子供やペットと過ごす時間が自然と増える!毎日の暮らしに非日常感が生まれる!などがあります。
しかし、ウッドデッキの種類、材質、形状などによってはメンテナンスに手間や費用がかさんでしまったり、固定資産税の課税対象となってしまったりというデメリットもあります。


マイホームの人気設備!ウッドデッキの種類と設備の設置費用とは?

ウッドデッキの素材としては、天然材・人口木材・樹脂などが一般的です。
一番人気はやはり天然材を使ったもので、1㎡あたり1~3万円と費用は素材によっても違ってきます。
天然素材ゆえの風合いが人気の理由ですが、天候の影響を受けやすい点やこまめなメンテナンスが必要になる点が特徴です。
前述したような天然材デメリットをカバーしてくれる樹脂や工素材は、1㎡あたり2~4万円ほどでやや高価な印象ですが、メンテナンスのしやすさや経年劣化の少なさが魅力です。
ウッドデッキ本体に、階段・フェンス・屋根などの付属設備を付けるかどうかでも費用は異なってきますが、一般的には3帖で20~50万円程度を見ておくと良いと言われています。
開放的で明るいなど、プラスのイメージがありますが、ウッドデッキ選びでは、自分たちの暮らしにあった種類やお住まいの地域の気候に適した素材を選ぶことが何より大切になってきます。
設置後に後悔しないように、しっかりとマイホームにあった種類を見極めていきましょう!








ウッドデッキ導入では、マイホームの建物との相性や庭とのバランス、まわりの住宅環境への配慮なども大切になっきます。
住宅設備としてウッドデッキんの導入を検討する際は、メリットとデメリットを押さえた上で、建築などのプロのアドバイスを取り入れながら種類や予算の検討を進めましょう!




ぜひ、ご参考ください(*^_^*)



≪ 前へ|あると便利な床下収納!床下収納をつくるメリットや注意点とは?   記事一覧   人間をダメにしてしまうアイテムとは・・・(#^.^#)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


郡山ダイカンプラザ  

郡山ダイカンプラザ  の画像

価格
750万円
種別
中古マンション
住所
福島県郡山市栄町6番地の6
交通
郡山駅
徒歩20分

郡山市成山町    2号棟   安積1小学校、安積中学区

郡山市成山町    2号棟   安積1小学校、安積中学区の画像

価格
2,590万円
種別
新築一戸建
住所
福島県郡山市成山町144番
交通
安積永盛駅
徒歩20分

トップへ戻る

来店予約