サンズ株式会社 > サンズ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > ハザードマップとは?

ハザードマップとは?

≪ 前へ|郡山市【桜木2丁目】の価格改定のお知らせ   記事一覧   行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!|次へ ≫

ハザードマップとは?

カテゴリ:豆知識


マイホームの建築に向けて土地探しをする際は、できる限り災害リスクの少ない安全な土地を購入したいものです。
購入を検討している土地が安全かどうかを判断する材料のひとつに「ハザードマップ」があります。
今回はハザードマップとはなにか、どのように活用するとリスク対策に役立つのかなどを解説します。

土地探しの参考になるハザードマップとはなにか
土地探しの際に活用するハザードマップとは、災害のリスクがある可能性がある地域を地図上で示したものです。
ハザードマップにより「河川浸水洪水」「土砂災害」「地震災害」「火山防災」「津波浸水・高潮」と5つの災害リスクを確認できます。
東日本大震災などによる大規模災害を受けて宅地建物取引業法が改正され、2020年8月からは不動産業者による消費者へのハザードマップ提示と水害リスクの説明が義務付けられました。

土地探しのときのハザードマップ活用方法
気に入った土地が見つかった場合、ハザードマップを使ってその地域を確認すると、被災した際にどのような災害リスクに見舞われるのかがわかります。
川や海、山間部などから離れたエリアだとしても災害リスクが高い可能性があるため、思い込みで安全性を決めつけずにハザードマップを確認しましょう。
現在の地図だけでなく、古地図もあわせて確認すると、その地域がより災害リスクの高い「埋立地」や「沼地」ではなかったかがわかります。
また、ハザードマップには避難所や避難経路なども表示されているため、万が一のときに避難しやすい土地かどうかも判断できます。

ハザードマップを用いたリスク対策
ハザードマップを見ると、その土地でどのような災害リスクが高いのかがわかるため、リスクに合った対策を立てて住宅を建築しましょう。
たとえば水害リスクの高い土地の場合は、盛り土をして土地を高くしたり、1階部分を駐車場にして2階・3階部分に居住スペースを設けたりすると水害を回避しやすくなります。
地震リスクの高い土地ならば、耐震構造・制振構造・免震構造のうちどれが適しているのかを不動産会社と相談し、土地の特徴に合う地震対策を講じると効果的です。


まとめ
ハザードマップとは、水害や土砂災害、地震災害などのリスクを地図上で示したものです。
ハザードマップや古地図を見ながら土地の状態を確認すると、とくに危険度の高い災害の種類や、被災時の避難経路などがわかります。
土地探しを進める際にはハザードマップを確認して、万一に備えた対策を立てながら住宅を建築しましょう。
郡山市で不動産購入・売却をするならサンズ株式会社にお任せください。
何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。


≪ 前へ|郡山市【桜木2丁目】の価格改定のお知らせ   記事一覧   行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


郡山ダイカンプラザ  

郡山ダイカンプラザ  の画像

価格
750万円
種別
中古マンション
住所
福島県郡山市栄町6番地の6
交通
郡山駅
徒歩20分

郡山市大槻町字荒久    6号棟   朝日が丘小学校、郡山第1中学区 

郡山市大槻町字荒久    6号棟   朝日が丘小学校、郡山第1中学区 の画像

価格
2,550万円
種別
新築一戸建
住所
福島県郡山市大槻町字荒久25-13
交通
郡山駅
徒歩63分

郡山市字名倉    1号棟   桜小学校、郡山第3中学区 

郡山市字名倉    1号棟   桜小学校、郡山第3中学区 の画像

価格
2,430万円
種別
新築一戸建
住所
福島県郡山市字名倉27番6
交通
郡山駅
徒歩46分

トップへ戻る

来店予約