住まなくなったマイホームは売る?貸す?の画像

住まなくなったマイホームは売る?貸す?

豆知識






急な相続や転勤によって住まなくなった住宅があると、売るのか貸すのかで悩んでしまいますよね。
売るのか、貸すのかを決めるうえで重要なのは、それぞれのメリットやデメリットをきちんと把握しておくことです。そこで、今回は一戸建て住宅を売却するか賃貸物件にするか検討されている方に向けてどちらがオススメかをご紹介していきます。

一戸建ては売る?貸す?どちらがオススメか!
まずは売るか貸すか、悩んだときはその住宅に今後住む予定があるかどうかで意思決定をすることをオススメします。今後住む予定がなく維持管理が手間になるというケースでは、築年数が経過しないうちに素早く売却することでまとまった資金が得られます。
一方で今後住む可能性がある場合は、家賃収入を得ながら維持管理ができる賃貸物件として運用する方法が向いています。
ただし賃貸経営は借りる方がいなければ成立しないため、需要があるかどうか見極めるのも1つのポイントです。

一戸建てを売る場合と貸す場合、それぞれのメリット・デメリット
売る場合と貸す場合で、それぞれ次のようなメリット・デメリットがあります。

一戸建てを売る場合
売却のメリットは、まとまった現金を手に入れることができる点にあります。住宅の買い替えや引越し、住宅ローンの返済などで資金が必要な場合は大きなメリットでしょう。
また、売却することで維持管理にかかる費用や時間を削減できます。ただし、せっかく取得した住宅を手放さなければならない点は、住宅に思い入れがある場合や資産を活用したい方にはデメリットとなります。

一戸建てを貸す場合
賃貸物件として住宅を貸し出すことで、毎月決まった家賃収入を得られる点は大きなメリットです。
また将来的に借主に住宅を売却できる可能性もあるため、築年数が経っても売却できるチャンスが生まれるという側面もあります。ただし、賃貸物件として運用するには修繕義務が生じるほか、空室時にも維持コストは必要となる点はデメリットです。

一戸建てを売る場合と貸す場合の収支シミュレーション
築年数が20年、売却価格が3,000万円の不動産について、売る場合と貸す場合それぞれの収支例は以下のようになります。
※住宅ローンの残債がない場合でのシュミレーションです。
※もちろん、その物件によって内容も金額も異なります。

一戸建てを売る場合
●仲介手数料 売買価格×3%+6万円+消費税=105万円6,000円

●登記費用 約25万円

●売却金額 3,000万円

●収支 売却金額−(仲介手数料+登記費用)= 2,869万4,000円


なお、売却益が出た場合は所得税を支払わなければならない場合もあります。


一戸建てを貸す場合

●家賃収入:年間132万円(月11万円)

●管理・修繕費:年間36万円(月3万円)

●火災・地震保険:年間10万円
(構造・築年数・補償の内容で金額の差があります)

●固定資産税・都市計画税:年間15万円

●年間収支:家賃収入−各費用合計=71万円


入居者との契約時には礼金、2年毎に更新料などの収入もありますが、管理費用としての支出も多く、空室時には収入がなくなるというデメリットもあります。




まとめ
一戸建て住宅を売却するか賃貸物件にするか検討されている方に向けて、どちらがオススメかご紹介しました。住まなくなってしまった住宅は、無駄な費用を発生させないためにも素早く売るか貸すか決定することが重要です。まずは、不動産会社の相談に行かれることをオススメします♪


ぜひ、参考にしてみてください('ω')ノ



”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る