空き家の放置は犯罪リスクや税金面でもデメリットでしかない?の画像

空き家の放置は犯罪リスクや税金面でもデメリットでしかない?

豆知識


日本でも年々増え続けている空き家は、深刻な社会問題になっています。
相続した実家が遠方だったり、すでにマイホームがあったりと放置し続けた結果、どんどん空き家が劣化していくといった悪循環に陥ってさまざまなリスクが発生するのです。
空き家の放置は税金面から考えてもデメリットしかないため、早期売却をオススメします。
今回は、空き家放置のデメリットや税金、また売却する際の方法についてご紹介していきます。

空き家放置は犯罪リスクも潜んでいる!知っておくべきデメリットとは?
空き家を放置し続けることは、近隣住民に迷惑をかけるだけでなく犯罪に巻き込まれる可能性があることも理解しておくことが必要があります。
人が住まなくなった空き家は、老巧化のスピードが早くなるため、みるみるうちに劣化して詐欺グループの拠点として利用されるなど、犯罪に巻き込まれるリスクもあるのです。
また、空き家は放火されるケースも多く、火災になると近隣トラブルにも発展します。いずれにしても、空き地を放置し続けることはさまざまなトラブルを招くことになりかねません。

空き地を放置し続けている間も税金の納税義務は発生している
たとえ空き家に誰も住んでいなかったとしても、税金の納税義務は発生します。
固定資産税や都市計画税がかかり続けるほか、【特定空き家】に指定されると減免措置が適用されないため、6倍近い固定資産税を支払わなければなりません。
なお、特定空き家とは、保安上著しく危険な状態の空き家や衛星上著しく有害な状態、著しく景観を損なっている状態、周辺の生活環境の保全のために放置することが不適切である状態の空き家などが該当します。

放置し続けている空き家の売却方法とそれぞれのメリット
空き家の売却方法としては、古家付き土地として売却する方法と解体して更地にして売却する方法があります。古家付きで販売するメリットは、解体費用がかからないことと古家の状態によってはDIY目的の買い手が付く可能性があることです。
一方、更地として売却する場合は、すぐに家を建てられるなど買主にとってのメリットが大きく、買い手が付きやすいメリットがあります。
いずれにしても、まずは不動産会社に相談してから売却方法を決定すると良いでしょう。



まとめ
空き家を放置し続けることは、老巧化に伴って犯罪や近隣トラブルなどさまざまなリスクに巻き込まれる恐れがあります。
また、特定空き家に指定されると固定資産税が6倍になるなど、税金面でのリスクも避けれません。空き家を所有している場合には、早期売却を検討することをオススメします。


郡山市で空き家を所有されている方は、お気軽にご相談にいらしてください(*^_^*)

”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る