転職は住宅ローンに影響を与える?の画像

転職は住宅ローンに影響を与える?

豆知識



年代によっては家を購入したいと考える時期と、転職したいと思う時期が重なってしまう場合があります。
そのようなときに心配になるのが、転職がローンを利用する際の審査に与える影響についてです。
そこで、転職が住宅ローン審査に与える影響や知っておきたいポイントについて解説していきましょう。

転職することが住宅ローン審査に与える影響とは?
転職をすると、住宅ローンを利用したいときの審査に何か影響を与えることがあるのでしょうか。
融資をする金融機関としては、ある程度安定した収入があるということを見極める必要があるため、勤続年数を目安にするところが少なくありません。
金融機関ごとに審査基準は異なりますが、勤続年数を1年以上としているところが多いということが、国土交通省の調査から分かっています。
そのことから考えても、転職をして勤続年数が短い場合は審査に影響を与える可能性が高いと言えるでしょう。

転職する時期は住宅ローン申し込みの前と後のどちらが適切か
住宅ローンを利用したい場合、転職する時期を申し込みの前と後のどちらにしたら良いのか、知っておくことが大切です。
職場を変わる前に申し込みをする場合、たとえこれから働く職場が決まっていたとしても、正確な収入額が決まっていません。
そのため、審査では正確な収入額よりも低めの金額で審査がおこなわれる可能性があります。
その点、新しい職場に移ったあとで申し込みをすれば、正確な収入をもとにして審査をされるため、返済計画を立てやすくなり安心です。
ただ、職場を変わってすぐに申し込みをする場合は勤続年数の短さから、審査にとおりにくくなることが予想されます。

住宅ローンの返済中に転職をする際の手続きと注意点
ここからは、すでに住宅ローンを利用しており、返済中に職場を変わる場合の手続きの方法や注意点についてご紹介します。
返済中に新しい職場に変わった場合は、できるだけ早く金融機関に届け出をする必要があります。
また、転職した時期や職場によって、住宅ローン控除の手続きの仕方が異なるため、年末調整でおこなえるか確定申告をすることが必要か調べておきましょう。
職場を変わると収入の額も変わるため、返済計画を考え直すことも重要です。
これまで働いていた職場よりも収入が減って返済が難しくなることが予想される場合は、金融機関に相談することをおすすめします。


まとめ
金融機関では、返済能力を勤続年数によって確認する場合が多いため、転職が審査に影響を与えることは否めません。
一方、転職後に住宅ローンを申し込むほうが、正確な収入をもとにして綿密な返済計画を立てやすくなります。
メリットとデメリットを比較しながら、自分に適した転職のタイミングを見極めていくことが大切です。
郡山市で不動産購入を検討されている方はサンズ株式会社にお任せください。何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^_^*)




”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る