庭付き一戸建てで犬を飼うならDIYでドッグラン設置がオススメ!の画像

庭付き一戸建てで犬を飼うならDIYでドッグラン設置がオススメ!

豆知識



庭付き一戸建てを購入し、犬を飼うことを考えている方におすすめしたいのが、DIYでの庭へのドッグラン設置です。
「いつでも気兼ねなく犬を遊ばせることができるドッグランが、自宅の庭にある」という理想的な状態を実現するためのポイントをご紹介しますのでぜひご覧ください。

DIYで庭にドッグランを設置する際の犬用フェンス選びのポイントは?
DIYでの庭へのドッグランに必要不可欠なのが、犬用フェンスです。
犬用フェンスを選ぶポイントは、フェンスの高さと素材、そして形です。
フェンスの高さは基本的には120cm~150cm程度あれば良いですが、大型犬やジャンプ力にすぐれた犬種の場合は念のため180cm以上の高さを確保しておきましょう。
素材については、樹脂製より耐久性がありスチール製のように錆びる心配もなく、木製のようにささくれが出たりしないアルミ素材がおすすめです。そしてフェンスの形は縦型がおすすめです。
横型フェンスは犬がフェンスに脚をかけて出てしまうリスクがあるため、おすすめできません。

DIYで庭にドッグランを設置する際の地面の舗装材選びのポイントは?
DIYで庭にドッグランを設置する場合、地面が天然芝でない場合は舗装材も用意したほうが良いでしょう。
地面が天然芝であれば、それが舗装材としても理想的ですので手を加える必要はありません。
天然芝でない場合は赤松や黒松など松の樹皮を素材としたバークチップを舗装材として使うのがおすすめです。
バークチップと似たものにウッドチップがありますが、ウッドチップはバークチップと比べるとトゲが刺さりやすいリスクがあるためおすすめできません。
また、コンクリートは犬の足腰に負担をかけ、人工芝やゴムチップもメンテナンス自体は楽ですが夏はとても熱くなって犬が肉球をやけどするリスクがあるため使用は避けましょう。

他にもこんな設備がほしい!DIYで庭にドッグラン設置
DIYで庭にドッグランを設置をする際には、水飲み場や日よけスペース、トイレスペースや足洗い場などの設備も用意することが望ましいです。
水飲み場は日よけスペースの下、日陰になる部分にするのがおすすめです。
足洗い場は屋外水栓設備を活用し、トイレスペースも洗いやすいよう屋外水栓設備の近くに設置すると良いでしょう。


まとめ
庭付き一戸建てで犬を飼うのであれば、DIYで庭にドッグラン設置をすればいつでも気軽に犬を遊ばせることができて便利です。
ぜひ今回の情報を参考に、あなたたちの家族である愛犬が存分に楽しめるドッグランを実現してください。郡山市で不動産購入を検討の際はサンズ株式会社にお任せください。何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^_^*)




”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る