庭に畑を作るためには?の画像

庭に畑を作るためには?

豆知識




庭に畑を作るためには、特別な知識が必要ではないかと考えている方も多いでしょう。
小さなスペースでも、自分で畑を耕して野菜を作れば立派な家庭菜園になります。
本記事では、庭のある一戸建ての購入を検討中の方に、庭に畑を作る方法や土づくりの注意点などを解説しています。

庭に家庭菜園を作るならプランター栽培より地植えがオススメ
決められたスペースで畑を作るのであればプランター栽培が向いていますが、よりおいしい野菜を作るために地植えをしてみましょう。
野菜の根は想像以上に、地中奥深くまで張り巡らされているので、プランターよりも育ちやすくなります。
また、プランターでは限られた数しか栽培できませんが、畑ならば野菜同士が栄養を奪い合わずに元気に成長できます。
より多くの野菜を育てるためにも、庭を有効活用しましょう。

庭に畑を作るための方法とは?
ここからは、野菜を畑で作るための方法を解説します。
まずは、日当たりがよくて気持ちよく風を感じられる場所を探しましょう。
植物は西日に弱いので、南向きか東向きの場所を畑にします。
適当な場所がない場合には、明るい日陰でも育つ野菜を選べば家庭菜園へのチャレンジが可能です。
ただし、エアコンの室外機やガスボンベなどが近くにあると熱で野菜が枯れやすくなります。
場所が決まったら、畑の土壌改良をおこないます。
野菜が元気に育つには、日光や水だけでなく、根をしっかり張るための土地が必要です。
スコップや鍬、ふるいなど、土壌改良に必要な道具を用意して土づくりを始めましょう。

庭で畑を作るためにはじめる土づくり
場所を決めたら土づくりをはじめていきます。
1畳ほどの広さがあれば畑を作ることができるので、最初は小さなスペースから始めましょう。
畑にする場所をスコップや鍬を使って30cm程度まで掘り、ふるいを使って石と土を振り分けていきます。
大きな石は水はけを悪くしますので庭に戻し、小さな石だけを畑に戻しましょう。
土壌が粘土質で排水性が悪い場合は堆肥や腐葉土を使い、排水性がある土であれば堆肥や腐葉土に、赤玉土や黒土を混ぜます。
肥料をまいたらよく耕して土を馴染ませ、種まきや野菜を植えるのは約1週間後にします。
肥料をまいてすぐに、野菜を植えてしまうと根や種が傷んでしまい成長しなくなるので注意しましょう。



まとめ
庭につくる小さな畑でも、土をしっかり耕せば良い土ができるので好きな野菜を育てられます。
手間をかけた野菜は、いつもの何倍も美味しく感じるはずですので、この記事を参考にしてマイホームで家庭菜園を楽しみましょう。
郡山市で不動産購入するなら、サンズ株式会社へお任せください。何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^)/


”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る