建売住宅の見学に行く際の持ち物やチェックポイントをご紹介!の画像

建売住宅の見学に行く際の持ち物やチェックポイントをご紹介!

豆知識



購入前の建売住宅の見学には手ぶらでも行けますが、より細かく物件を吟味するために持っていったほうが良いものもあります。
長く住むマイホームなので、こだわりの条件をしっかりチェックしたいところです。
今回は、建売住宅の見学に行く際の持ち物やチェックポイント、注意点についてご紹介します。

建売住宅の見学に行く際の持ち物
建売住宅の見学に行く前に、自分が住宅に求める条件をピックアップしてリストを作成しましょう。
そして、それをチェックシートとして活用し、実際の住宅がどれだけ当てはまっているか確認します。
複数の物件で同じチェックシートを持っていけば、それぞれを比較でき、理想の物件を探しやすくなるのです。
物件の間取り図も持っていけば、それぞれの部屋の特徴や、気になることをメモできます。
チェックシートや間取り図に書き込むための筆記用具も必要です。
また、メジャーを持っていけば、どのような大きさの家具を購入すれば良いかが分かり、生活のイメージを持ちやすくなります。

建売住宅の見学に行く際の持ち物
建売住宅の見学に行く前に、自分が住宅に求める条件をピックアップしてリストを作成しましょう。
そして、それをチェックシートとして活用し、実際の住宅がどれだけ当てはまっているか確認します。
複数の物件で同じチェックシートを持っていけば、それぞれを比較でき、理想の物件を探しやすくなるのです。
物件の間取り図も持っていけば、それぞれの部屋の特徴や、気になることをメモできます。
チェックシートや間取り図に書き込むための筆記用具も必要です。
また、メジャーを持っていけば、どのような大きさの家具を購入すれば良いかが分かり、生活のイメージを持ちやすくなります。

建売住宅の見学に行く際のチェックポイント
まず、室内の実際の広さや壁、床の汚れなどがチェックポイントとなります。
新しい物件であっても、工事などの影響で壁や床に傷や汚れがついている可能性があるためです。
また、間取り図だけでは実際の広さがイメージしにくいので、目で見て体感することで初めて生活のイメージが持てるでしょう。
水回りの配管に不備がないか、水圧は十分か、使い勝手の良い設備がそろっているかもチェックポイントです。
コンセントや照明器具の位置など、電気設備についても調べておくと、家電の配置を考えやすくなります。

建売住宅の見学に行く際の注意点
住宅の見学に行く際の注意点は、新しい家に住む予定の家族全員で行くことです。
1人にとっては使いやすそうに見えても、ほかの方の視点からはそうでない場合があります。
家族全員が納得して住宅を購入できるように、全員で見学に行くのがおすすめです。
また、見学している物件にどれだけオプションが付けられているかも確認しておくと、購入資金の計画が立てやすくなります。
必要のないオプションを付けたために高くついた、安価で購入したら必要なオプションがなかったといった失敗例が多いためです。
気になることがあれば、見学時の担当者に何でも確認し、疑問を解消しておくと購入の判断に役立ちます。



まとめ
建売住宅の見学に行く際は、希望条件やチェックポイントをあらかじめまとめておき、見学しながら記入できるようにしておくと便利です。
購入後に住む予定の家族全員が納得できるように、住宅を選ぶ際は細部まで確認しましょう。
郡山市で不動産購入するなら、サンズ株式会社にお任せください。
何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。


”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る