住み替えローン審査はなぜ厳しい?の画像

住み替えローン審査はなぜ厳しい?

豆知識



家やマンションの住み替えの際、利用できるローンのひとつに「住み替えローン」があります。
住み替えローンは一般的な住宅ローンよりも審査が厳しいといわれていますが、その理由はなぜなのでしょうか。
そこで今回は、住み替えローンの審査が厳しい理由と審査内容、審査に通らない場合の対処法について解説します。


住み替えローンの審査が厳しい理由
住宅ローンの残債がある状態で住み替えをする場合、通常は現在の家を売却して住宅ローンを完済するのが前提です。
しかし、住み替えローンは現在の家の売却後に住宅ローンが残ってしまった場合、新居のためのローンとひとつにまとめられる仕組みです。
現在の家のローンと新居のローンを合わせるため、どうしても借入額が大きくなってしまいます。
金融機関が融資をおこなう際、万が一のときのために対象の物件を担保にします。
しかし、住み替えローンは借入額が大きい分、担保物件を売却しても全額回収できない可能性があるため審査も厳しいのです。

住み替えローンの利用条件と審査される内容とは
住み替えローンの利用条件は、住宅ローンの残債がある、家の売却と新居の購入を同じ時期におこなう、住宅ローンやその他の借り入れの返済に問題がないなどです。
この利用条件に基づいて、次のような項目が審査されます。

●年齢・年収・勤務先
●住宅ローン残債
●返済状況・信用情報


このうち、年齢や年収の審査基準は金融機関によっても異なってきます。
また、売却で現在の住宅ローンが完済できる場合は住み替えローンの利用はできません。

住み替えローンで審査に通らない場合の対処方法
住み替えローンは一般的な住宅ローンよりも利用条件や審査が厳しいため、利用できないケースもあります。
利用できない場合の対処方法としてまず考えたいのが「つなぎ融資」の利用です。
住み替えは現在の家の売却と新居の購入を近いタイミングでおこないますが、うまくタイミングが合わない場合に利用できるのがつなぎ融資です。
つなぎ融資を受けて新居を購入し、その後、現在の家が売れたら売却益で返済するため、借り入れの期間も6か月〜1年程度と短くなっています。
自己資金に余裕がある、親から資金援助が受けられるといった場合はダブルローンも視野に入れられます。
しかし、現在の家のローンと新居の住宅ローンを同時に借り入れるため、住み替えローン以上に審査が厳しいだけでなく、売却できるまで返済が二重になるリスクがあることは注意しておきたいところです。
また、住み替えローンを利用するのが適切かどうか、不動産会社に相談してみることも大切です。
売買の専門家の視点から、より良い方法を提案してもらえる可能性があります。




まとめ
住み替えローンは借り入れの金額が大きくなるため、通常の住宅ローンよりも利用条件や審査が厳しくなっています。
利用できる場合も、借り入れる額が大きくなる分返済の負担も増えるので、利用する場合は慎重に検討することをおすすめします。
郡山市で不動産購入・売却をするならサンズ株式会社にお任せください。
何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。



”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る