予算500万円でどこまでリノベーションできるの?費用相場や注意を解説の画像

予算500万円でどこまでリノベーションできるの?費用相場や注意を解説

豆知識

早尾 真由美

筆者 早尾 真由美

不動産キャリア1年

明るく楽しく家探し♪


一戸建て住宅やマンションを所有する方のなかには、リノベーションを検討する方も多いでしょう。
そんな時に気になるのが、想定している予算でどこまでリノベーションできるのかです。
 今回は、予算500万円ではどこまでリノベーションができるのか、また施工箇所別の費用相場や注意点を解説します。

予算500万円でどこまでリノベーションが可能?


予算500万円でマンションのリノベーションをおこなう場合、実現可能なのは部分的な工事に限られます。
具体的には、水回りであるキッチンやお風呂の交換、壁紙の張り替えなどが挙げられます。
コンパクトな部屋の場合、壁を取り除いて間取りを変更するなどのリノベーションも一つの選択肢です。
一戸建て住宅においても、予算500万円では主に部分的な工事がおこなわれることが一般的です。
ただし、大規模な工事となる屋根の修理や耐震補強などの場合、この予算では難しい場合があります。

500万円でできる!施工箇所別リノベーションの費用相場


水回りのリノベーションを検討する場合、予算500万円であれば全体の入れ替えが可能です。
たとえば、キッチンは50~150万円、トイレは15~50万円、洗面所も15~50万円でリフォームが可能です。
浴室も、ユニットバス交換だけであれば50~150万円、在来浴室からユニットバスへの変更で65~150万円程度で済みます。
内装のリノベーションでは、予算500万円で和室を洋室に変更したり、クロスや照明を変更したりすることができます。
具体的には、壁紙や天井クロスの張り替えは1㎡あたり800~1,500円、フローリングの張り替えは1畳あたり2万~6万円で可能です。
一方で、外壁・屋根のリノベーションは、塗装だけであればそれぞれ60~180万円、15~80万円程度でできますが、重ね張りや重ね葺きなど他の工法を含めると、500万円では難しいかもしれません。


予算500万円のリノベーションにおける注意点とは?


リノベーションにおける注意点として、工事費用が税込みで500万円を超えるか否かによって、利用可能な工事業者が変わります。
500万円未満では、軽微な工事と見なされ、建設業許可を持っていない業者による工事も可能ですが、建設業許可を持たない業者は、アフターサポートが不十分な可能性があるため、注意深く選択することが重要です。
また、築年数に応じて追加の工事が必要になったり、ローンの利用が制限されたりすることがあります。
築40年以上になると、耐震性能を補強するために耐震工事が必要で、さらに築50年を超えると、頭金が不要なフルローンを利用できない可能性もあります。
これらの要因を考慮して、リノベーションプロジェクトを進める際には慎重な判断が必要です。




まとめ



予算500万円でも、広さや施工箇所に応じてさまざまなリノベーションが可能です。
しかし、築年数によって耐震工事が必要になったり、ローンが利用できなかったりするなどの注意点もあります。
できない工事もあることを踏まえたうえで、じっくり検討することをおすすめします。
郡山市、須賀川市、本宮市で不動産を購入、売却をするならサンズ株式会社へ。
何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

”豆知識”おすすめ記事

  • 不動産の買い替えにかかる税金について!特例を併用できるケースもご紹介の画像

    不動産の買い替えにかかる税金について!特例を併用できるケースもご紹介

    豆知識

  • 建売住宅のアフターサービスとは?内容や注意点をご紹介の画像

    建売住宅のアフターサービスとは?内容や注意点をご紹介

    豆知識

  • 建売住宅が安い理由は?人件費・スケールメリット・その他の理由を解説♪の画像

    建売住宅が安い理由は?人件費・スケールメリット・その他の理由を解説♪

    豆知識

  • 不動産会社の高額査定の意図とは!?査定額がバラバラな理由もご紹介!の画像

    不動産会社の高額査定の意図とは!?査定額がバラバラな理由もご紹介!

    豆知識

もっと見る