友人から不動産を購入した場合のメリット・デメリットとは?の画像

友人から不動産を購入した場合のメリット・デメリットとは?

豆知識



友人から不動産を購入した場合のメリット・デメリットとは?


不動産購入を検討している際に、知人や友人からの購入をお考えの方もおられると思います。
このような不動産の個人間売買を行った場合、良い点やリスクなどはどんなことがあるのでしょうか。
そこで今回は、友人から不動産を購入した場合のメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。



知人や友人から不動産を購入する際のメリット
知人や友人から、あるいは親族や隣人などから不動産を個人間売買で購入した場合のメリットには、次のようなことが挙げられます。

仲介手数料や消費税の節約ができる
不動産仲介業者を介すると、当然ですが仲介手数料が発生します。
またその場合には消費税も課税されます。
個人間売買の場合、この2つが不要となるのでその文節約につながります。
個人間売買であっても不動産の取引は金額が大きくなるので、これらが不要な点は個人間売買の大きなメリットと言えるでしょう。

信頼関係による安心感と自由さ
もともと信頼関係のある間柄で売買を行うので、その分安心してスムーズに取引が行えるでしょう。
また、金額などの縛りがないので自由に決められるといったメリットもあります。


知人や友人から不動産を購入する際のデメリット
不動産の個人間売買にはデメリットもあります。

手間や時間がかかる
たとえ信頼できる間柄とはいえ、売買に関する諸条件等を書面に残しておいた方が良いでしょう。
しかし、お互いの素人同士の取引となる為、売買契約書をはじめとした各種書類やローン手続きには多大な手間と時間を要してしまいます。

住宅ローンが組みづらい
トラブルや不正を防ぐため、個人間売買で作成した契約書等は、住宅ローン審査時に必要な正式書類として認められない場合が多くなっています。そのため、住宅ローンが組みづらいといった点がデメリットとして挙げられます。

トラブルが起こる可能性が高くなる
たとえ書面による確認など念入に行ったとしても、個人間売買では後々トラブルとなるケースが多いのもデメリットと言えます。また、友人など親しい間柄だからこそ、金銭が絡んだために関係性がこじれてしまう危険性もあります。





知人や友人から不動産を購入する際のメリットやデメリットについてご紹介しました。
信頼できる友人同士ということで一見スムーズに進みそうな個人間売買ですが、金銭的問題などで相手との関係性が壊れてしまっては本末転倒ですね。
不動産の売買を行う場合は、やはり専門家のアドバイスに基づいて行うのが無難であるといえるでしょう。


不動産売買は売主様、買主様、双方が心して気持ちよくお取引できるように心がけましょう!



ぜひ、ご参考ください(*^_^*)


”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る