ひび割れのある家を売却するコツや放置した場合のリスクとは?の画像

ひび割れのある家を売却するコツや放置した場合のリスクとは?

豆知識


地震や地盤沈下や老朽化で、家にひび割れが起きることは珍しくありません。
そのまま売却しても良いのか、ひび割れを修繕してから売った方が良いのか迷う方もいるでしょう。
そこで、ひび割れのある家を売却する際の相場、コツ、リスクをご紹介します。



ひび割れのある家の売却価格
家のひび割れは、売却価格に当然影響します。
基礎にひび割れがある場合、幅0.5mm以上から価格に影響しはじめます。
また、幅が0.5mm未満でも、深さが20mm以上でサビ汁を伴うひび割れの場合、瑕疵となり、相場価格より2〜3割安くなるのが一般的です。
外壁の場合、ひび割れが下地材や防水シートにまで達し、雨漏れや水漏れになる可能性があるため、相場より1~2割安くなることが多いです。
なお、内壁のひび割れは価格にあまり影響しません。

ひび割れのある家を売却するコツとは?
ホームインスペクションを受ける
まずは、ホームインスペクションを受けて、家の瑕疵の状態や修繕の必要な個所や費用を調べてもらいましょう。
もし、ひび割れが強度に影響を与えないなら、ホームインスペクションでそれを証明することで、売却価格が下がるのを防げます。
ホームインスペクションの費用は、5~10万円が相場です。

修繕する
ひび割れを修繕した場合、当然、売却価格が下がりません。
修繕費用とそのまま売却した場合の価格を比べて、判断すると良いでしょう。


瑕疵保険に加入する
瑕疵保険に加入してから売却すれば、あとで家に瑕疵があるとクレームがあった場合、補修費用が補償されるので、リスクを減らすことができます。

家の老化が激しくなる
ひび割れがあると雨がそこから侵入し、柱や梁が腐食し、鉄筋や鉄骨がサビるので、家の劣化が激しくなります。

倒壊のリスクがある
ひび割れは、劣化を加速させる一因です。
家を支える基礎の部分が劣化すると、家を支えられず倒壊するリスクがあります。

家が傾くリスクがある
ひび割れの原因が地盤沈下の場合、家が傾くリスクがあります。
家が傾くと売却しても高く売れませんし、倒壊など危険なリスクもあります。


価格交渉には柔軟に対応する
ひび割れのある家は、なかなか購入希望者から声がかからないのも現実です。
売却できないまま何年も放置しておくと、維持管理費や固定資産税などの支出が増えるばかりです。
購入希望者が現れたら、売却価格を少し下げてでも早く売却したほうが、結果的に損をせずに済むケースもあります。

専門業者に買取してもらう
ひび割れがある家を早く売りたい場合、専門業者に買取してもらう方法がベストです。
訳あり物件の専門業者は買取後に自社で物件を修繕するなど、家の資産価値を回復して再販売できるからです。



まとめ
ひび割れがある家を売却すると、相場よりも1~3割安くなります。
ホームインスペクションや修繕や瑕疵保険などひび割れのある家を売却するコツがあります。
なお、ひび割れを放置すると、家が傾いたり倒壊するリスクがあります。
もしもひび割れを見つけたら、ホームインスペクションを受けてみてください。
郡山市で不動産購入するなら、サンズ株式会社にお任せください。

何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。





”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る