マイホームの庭で家庭菜園を楽しみたい!そんな方への画像

マイホームの庭で家庭菜園を楽しみたい!そんな方へ

豆知識



マイホームの庭で家庭菜園を楽しみたい!そんな方へ

広い庭で自家栽培の野菜や果物を育てられるのも、マイホームならではの楽しみではないでしょうか。
マイホームの庭で家庭菜園をするときは、畑の広さや植える野菜の種類など、事前に把握すべきポイントを押さえておきましょう!
今回はマイホームの購入を検討されている方に向けて、マイホームの庭で家庭菜園をするコツや注意点についてご説明していきます!


マイホームの庭でこだわりの家庭菜園を楽しむコツは?
マイホームの庭で家庭菜園をするには、まず自分で管理しやすい畑の広さから始めることが大切です。
広い畑にたくさんの野菜や果物を植えてしまうと管理ができず、枯らしてしまう可能性があります。
例えばトマトの場合、脇芽を取り除いて成長を促す、茎が折れないように支柱を立てるなどの管理が必要です。
時間や手間がかかるので、作業に慣れるまでは比較的小さいスペースで育てるようにしましょう。
また、野菜や果物が育ちやすい土質にすることも大切です。
特に都心や住宅街に建っているマイホームの場合、必要な栄養分を蓄えたでなかったり、石が多くて耕せなかったりする可能性があります。
園芸業者に土の入れ替えを依頼する、あるいはプランターに専用の土を入れて家庭菜園を楽しむなど、状況に合わせて対処しましょう。
以下のようなコツを押さえながら作業しましょう!!

◎育てやすいサラダや菜やネギなどの栽培から始める
◎陽当たりの良い場所に畑を作る
◎水やりや道具の運搬がしやすい場所に畑を作る

マイホームの庭で家庭菜園をする際の注意点
マイホームの庭で家庭菜園をする場合、肥料のニオイに注意する必要があります。
野菜や果物を育てる際、鶏フンなどの肥料を使う方も多く、住宅が密集しているエリアの場合は悪臭によって迷惑をかける恐れがあります。肥料を使う場合、ニオイの少ないタイプを使用するなどの配慮が必要です。
また、家庭菜園をするには土を耕す必要があります。
しかし、場所によっては敷地内に埋められた配管などに当たってしまうことも少なくありません。
誤って破損してしまうと修理費用がかかってしますため、畑の場所を決める際は配管図面をチェックして、最適な場所を選びましょう。また、作業するための道具を管理する方法にも注意が必要です。
家庭菜園をするにはクワやカマのほかに、作業着、長靴などが必要な場合があります。
土で汚れた道具を家の中に持ち込むと掃除が大変なので、作業に使う道具は屋外の物置で保管するなど、保管場所を確保する工夫も必要です。






マイホームの庭で家庭菜園を楽しむには、慣れるまでは無理のない範囲で作業することが大切です。
畑の広さや植える野菜の種類、必要な道具などを事前にリサーチするのもよいでしょう!
近隣住宅との距離が近い場所は肥料のニオイなどにも配慮しつつ、楽しい家庭菜園ライフを実現させましょう(^^♪



是非、ご参考ください(*^_^*)


”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る