リフォーム済み物件を購入するメリット・デメリットとは?の画像

リフォーム済み物件を購入するメリット・デメリットとは?

豆知識


近年、中古住宅の購入を希望する方が増えている日本の不動産市場ですが、最近は特にリフォーム済み物件を求めている方が増えてきております。
新築さながらの設備機能、清潔な室内環境がローコストで手に入るリフォーム済み物件ですがデメリットがゼロというわけでもありません。
リフォーム済み物件の工事にかかる時間や費用、または注意点などを把握することでメリット・デメリットを知ることもできます。今回は、郡山市でリフォーム済み物件の購入する際の注意点やポイントについてご紹介します。


リフォーム済み物件を購入するメリット
まず、購入後短期間で入居できる点が大きな特徴となっています。これからリフォームをするのであれば工事が完了するまで引越しができませんが、リフォーム済み物件であればその期間はいりません。
【早く新しいわが家に住みたい!】と思う方には、まさにうってつけの物件と言えます。
購入価格の中にリフォーム費用なども含まれているリフォーム済み物件はマイホーム購入のための住宅ローンをひとまとめにしやすい面もあります。
リフォーム済み物件は不動産会社が売主の場合も多いので、保証が付くのもメリットです。引越し後2年も保証が付きますので、万が一引越し後不具合があった場合には修繕してもらったり相談が出来ます。

リフォーム済み物件を購入する上でのデメリット
新築と比べても大差のない新築同然の美観や室内環境が手に入る点が魅力である反面、構造体の修繕や補強までは手が付けられていない場合もありま内装や外装だけを張り替えたリフォーム済み物件であれば、購入後の家の寿命も短い可能性が高く、雨水の侵入や床下の換気不良などのリスクも考えられます。

契約不適合に注意する
リフォーム済み物件の購入で気をつけてほしい点は、契約不適合(瑕疵=目に見えない不具合)についてです。契約不適合とは、本来備わっておくべき機能・品質が欠けている状態を意味し、不動産においては欠陥とほぼ同意義の意味で使われています。
リフォーム済み物件、つまりリフォーム工事を行う物件では、工事中に瑕疵が発見される可能性も十分にありますが、この瑕疵を補修する義務があるわけではありません。リフォームで見栄えを良くすることはあっても隠れた破損箇所などを直す為に必ずしも売主様がコストを負担するとは限りません。
買主様は後々、住宅に欠陥が見つからないためにも事前に確認することが大切です。一見綺麗なお部屋でも瑕疵が隠れていないか気をつけながら物件を見ることで、これらのリスクを回避できます。
また最近では住宅診断(建物状況調査)を実施している物件もありますので、第三者機関がチェックして【劣化事象なし】の判断があれば、なお安心して物件の購入が出来そうです。もし住宅診断を実施していない場合でも実施予定があるのかなど、一度相談してみることをオススメします。


まとめ
今回は郡山市で不動産購入をご検討している方に向けてリフォーム済み物件のメリットとデメリットについてご紹介しました。
これからリフォーム済み物件購入を検討している方は物件選びに失敗しないためにもメリットとなる点や瑕疵によるリスクなどを明確に把握することが大切です。当社サンズでは、これから新生活を安心安全に送ることができるオススメのリフォーム済み物件を多くご紹介しています。是非、お気軽にお問い合わせませ。



”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る