住宅ローンの返済を滞納するとどうなる?の画像

住宅ローンの返済を滞納するとどうなる?

豆知識



住宅ローンの返済が厳しくて不動産売却を考えている場合、支払いが遅れたときにどうなるのか、気になるところではないでしょうか。
返済滞納後の流れを押さえておくと、不動産売却もおこないやすくなります。
今回は、住宅ローンの返済滞納後に起きることのほか、おすすめの不動産売却の方法として任意売却やリースバックもご紹介します。

不動産売却前に確認!住宅ローンの返済を滞納するとどうなる?
住宅ローンの支払いが遅れた場合、最初は債権者からの通知が届くのみですが、遅延期間が3か月目に入ると信用情報機関のブラックリストに載ります。
さらに滞納が続くと一括返済を求められ、保証会社を利用していれば代位弁済がおこなわれます。
そのあとも滞納が続けば自宅が差し押さえられ、競売により売られてしまいます。
競売でも不動産の現金化はできるものの金額が安いうえ、明け渡しの日程などにおいて持ち主の都合が基本的に考慮されません。
滞納が始まってから早く行動を起こしたほうが、後述する任意売却により、比較的良い形で物件を売ることができます。

住宅ローンの返済滞納時にオススメの任意売却とは?
任意売却とは、債権者に相談して抵当権を特別に外してもらい、一般的な中古不動産として物件を売る方法です。
債権者の許可がなければできないことなので、任意売却をおこなうときはまず金融機関へと相談します。
許可を出すかどうかの判断材料として物件の査定額がよく求められるため、あらかじめ調べておくと話がスムーズです。
許可が出れば抵当権が特別に外されるので、あとは仲介などを利用すれば不動産が売却できます。
任意売却は一般的な不動産売却に近く、競売よりは高値で売れることが多いうえ、売買にあたって持ち主の都合も考慮される傾向にあります。
しかし、滞納開始から競売実施までの期間にしか実行できないため注意が必要です。

住宅ローン返済のための不動産売却後にも家に住み続ける方法
不動産売却後にも手放した家にそのまま住み続けたい場合、リースバックがおすすめです。
リースバックは不動産の売却と賃貸を組み合わせた方法で、売買契約と賃貸借契約をセットで結びます。
不動産の売主はすぐさま借主となり、売却した家にそのまま住み続けられるのです。
リースバックは任意売却とも組み合わせられるので、住宅ローンの返済が苦しいときにも活用できます。
リースバックのメリットは、住み慣れた家で以後も暮らせたり、自宅の売却の件が隣近所に知られにくかったりする点です。
ただ、借主になれば毎月家賃を支払う必要があり、入金が遅れると退去を求められるといったデメリットもあります。



まとめ
住宅ローンの返済を滞納すると、まもなく一括返済が求められ、やがては債権者により自宅を差し押さえられます。
物件の持ち主にとっては、競売にかけられる前に任意売却をしたほうが何かとお得です。
住み慣れた家で暮らし続けたい場合、リースバックも活用すると良いでしょう。
郡山市で不動産売却をするなら、サンズ株式会社にお任せください。何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^♪






”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る