築浅一戸建てを売却する理由と売却のコツとは?の画像

築浅一戸建てを売却する理由と売却のコツとは?

豆知識



一戸建ての売却のなかでも、築浅の一戸建ての売却をお考えの場合には少し事情が異なります。
築浅の一戸建てを売却する際には早期売却が基本となります。
今回は、築浅の一戸建てを売却する際に大切な、売却理由とコツをご紹介します。

築浅一戸建てを売却する理由
築浅一戸建てを売却する際には、売却理由が大切です。
売却時に、買主からなぜ売却をすることになったのか聞かれる場合があるためです。
売却理由について明確にしておかないと、欠陥や瑕疵を疑われる原因になり、結果的に契約不適合責任を問わる可能性もあります。
一般的に築浅の一戸建てを売却するきっかけとしては、離婚や転勤による生活の変化や、何らかの金銭的問題によってローンが払えなくなったというものがあります。
近隣トラブルや欠陥があることを伝えずに売却を進めようとすると、トラブルにつながる場合があるので理由については正直に伝えるようにしましょう。

築浅物件は価格が下がる前に早期売却する
一戸建ては、築年数が増加するとともに資産価値が下がってしまいます。
築5年経過した一戸建ての売却相場は物件購入時の50%、築10年経過すると50%以下にまで下落してしまいます。
売却価格が下がる前に、できるだけ早めの売却が重要になるわけです。

築浅一戸建てを早期売却するコツ
築浅一戸建ては、売却するコツを押さえておくことで早期売却が可能です。
まずは、周辺の土地価格を正確に調べ適正価格で売り出すようにしましょう。
まだ競合物件が少ないからといって適正価格から大きく外れた価格で売り出してしまうと売却が遅れてしまう原因になります。
住宅以外のエアコンなどの設備をそのまま残すかどうかを検討することも重要です。
一戸建てを売却する際は設備を撤去することが多いですが、築浅の場合は設備も比較的新しいため買主との相談の上、残すかどうかを決めることで購入希望者が増加します。
ローンが残っている場合は、売却後に手元に残るお金でローンが完済できるようにしておくことも大切です。
売却を進めるには住宅ローンの完済が前提となるため、これを計画的に考えておかないとあとでトラブルになってしまう可能性があります。
最後に、売却には多額の税金を払う必要があるので節税対策も忘れずにしておきましょう。


まとめ
今回は、築浅一戸建てを売却する理由とそのコツについてご紹介してきました。
売却する理由はさまざまありますが、正直に買主に伝えておくことでトラブルを避けることにつながります。
計画的に売却を検討し、進めることで損をしない不動産売却を進めていきましょう。
郡山市で不動産購入を検討されている方はサンズ株式会社にお任せください。何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^_^*)




”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る