キッチンの床下収納!メリット・デメリットとは?の画像

キッチンの床下収納!メリット・デメリットとは?

豆知識



キッチンにあれば便利な設備のひとつとして挙げられるのが床下収納です。
今回はこの床下収納にスポットを当て、床下収納の種類や設置費用の目安、床下収納のメリットとデメリット、そして床下収納利用に関する注意点をご紹介します。
一戸建てや注文住宅の購入を予定している方や、住んでいる家に床下収納を設置したい方はぜひ参考にしてください。

キッチンの便利設備!床下収納の種類と設置費用の目安とは
キッチンの便利設備として知られる床下収納ですが、実はいくつかの種類があります。
主な種類として挙げられるのは蓋が扉のようになっている扉タイプ蓋が外れる置き蓋タイプそして蓋がスライドするスライドタイプです。
そんな床下収納の設置費用の目安は、キッチンの床下点検口を利用して設置するケースだと扉タイプや置き蓋タイプなら5~15万円程度が目安です。
床下点検口を利用せず、床の一部を解体して設置する場合は15~30万円前後の費用を見込んでおくと良いでしょう。
また、スライドタイプは床下収納本体が高額ですので、これらの費用相場を5~15万円ほど上回る可能性が高いです。

キッチンの便利設備として人気な床下収納のメリットとデメリット
キッチンの便利設備として高い人気を誇る床下収納のメリットは、居住スペースを圧迫することなくキッチンの収納スペースを増やすことができ、しかも他人に中身を見られるリスクがほとんどないことです。
また、床下収納の本体を取り出せばいつでも床下点検口として使えるので、床下点検がいつでもできるという点もメリットとして挙げられます。
デメリットは床下収納の扉と床ではわずかな段差ができてしまうこと、収納した物の出し入れに手間がかかること、床下の湿気や虫などへの対策が必要であることなどが挙げられます。
ほかにも、床下収納部分は通常の床と比べると多少強度が落ち、経年により床鳴りしやすくなるという点もデメリットのひとつです。

キッチンの便利設備である床下収納の利用に関する注意点
キッチンの便利設備として人気の床下収納の利用に関する注意点としてはまず、湿気対策虫対策が必要なことが挙げられます。
床下収納庫内に湿気取りのための新聞紙を敷いたうえで除湿剤や防虫剤も入れ、定期的にそれらを入れ替えることを心がけましょう。
もちろん、湿気や虫に弱いものや腐りやすいものなどを入れてはいけないというのは言うまでもありません。
また、あまり重いものを入れてしまうと出し入れに苦労するので、片手で簡単に持てる程度の重さのものを入れるように心がけましょう。
そして床下収納がある床の掃除をする際は「床下収納の扉と床に段差がある影響で少し掃除機がかけにくくなるため、ホコリが溜まりやすい」という注意点があることも理解しておきましょう。




まとめ
人気の床下収納は、居住スペースに影響を与えず収納スペースを増やすことができるなど数々のメリットがあります。
しかしその反面、ほかの収納スペースと比べると湿気や虫の影響を受けやすいといったデメリットもあるため、設置費用も考慮したうえで導入するか検討しましょう。
郡山市で不動産購入するなら、サンズ株式会社にお任せください。何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^_^*)



”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る