建築条件付き土地とは?購入時の注意点や建売住宅との違いをご紹介!の画像

建築条件付き土地とは?購入時の注意点や建売住宅との違いをご紹介!

豆知識



土地を探しているときに、建築条件付きの文言を見たことがある方もおられるのではないでしょうか。
普通の土地と建築条件付き土地には、どのような違いがあるのか気になるものです。
本記事では建築条件付き土地とはなにか、購入する際の注意点や、建売住宅との違いをご紹介します。

購入する前に知っておきたい建築条件付き土地とは?
建築条件付き土地は、建物を建築する条件が付いている土地のことで、「売り建て」と呼ばれることもあります。
一般的な土地であれば、購入したあとどう使うかは買主の自由ですが、条件付き土地では売主の指定する条件を満たす必要があるわけです。
具体的には、指定された建築会社で建物を一定期間内に建築することなどが、条件として挙げられます。
建築条件付き土地の売主は、不動産会社や建設会社であることが多いため、提携している建築会社を利用するよう事前に指定されている場合が多いです。

建築条件付き土地と建売住宅を購入する違いとは?
建売住宅とは、完成された建物と土地をセットで購入する物件のことです。
一方の建築条件付き土地は、土地購入後に建物を建てる物件という点で異なります。
建築条件付き土地に家を建てる場合、ある程度決められたプランのなかから間取りを選んで決めるのが一般的です。
また、建築条件付き土地では建築会社などの制限はあるものの、一般的な土地とくらべて比較的低価格で売られているケースがほとんどです。
さらに、前述のようにある程度の建築プランの変更はできるため、建売住宅と違い理想の住宅を建てやすいメリットがあります。
これに対し建売住宅の場合は、完成した建物を購入するためすぐに住めるメリットはあるものの、間取りの変更などはできません。

建築条件付き土地を購入する際の注意点
条件付き土地を購入する際の注意点についてご紹介します。
まず、建築会社を自由に選ぶことができないことが大きな注意点でしょう。
すでにハウスメーカーや工務店を決めている場合には大きなデメリットとなるため、事前にどこの建築会社で指定されているのか確認しましょう。
また、土地の売買契約をしてから工事請負契約を締結するまでの期限は、3か月が一般的です。
そのため3か月以内にプランを確定する必要があります。
内装デザインや設備、間取りなど、すべてを3か月以内に決めなければならず、スケジュール的にはあまり余裕がありません。

まとめ
建築条件付き土地とは建築会社や建築期間が定められた土地で、比較的低価格で購入できるうえ、建売住宅と違って間取りもある程度選べるなどのメリットがあります。
建築会社を自由に選べないなどのデメリットも押さえつつ、マイホーム購入の参考にしてみてください。郡山市で不動産購入をご検討の方は是非、サンズ株式会社へお任せください。何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^_^*)



”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る