キッチンの素材に使われる人口大理石と人造大理石の違いやメリットとは?の画像

キッチンの素材に使われる人口大理石と人造大理石の違いやメリットとは?

豆知識



キッチンの天板の素材としてよく使われているのが、人工大理石と人造大理石です。
言葉だけを見るとどちらも同じようなものに思えますが、両者にはどんな違いがあるのでしょうか。
今回は人工大理石と人造大理石の違いやそれぞれのメリットもご紹介します。

キッチンの天板素材である人工大理石と人造大理石の違いとは?
人工大理石と人造大理石はどちらも「大理石のような見た目」という点は同じですが、主原料に大きな違いがあります。
人工大理石とはアクリル樹脂やポリエステル樹脂といった樹脂類を主原料とした素材であり、ここに無機物を混ぜたうえで顔料による色付けをし、大理石のような見た目にしたものです。
これに対して人造大理石は、大理石や石灰石などの天然石を主原料としているという違いがあります。
天然石を粉砕したうえでセメントや樹脂類などで固め、大理石のような見た目に仕上げているのです。
そして両者の主原料の違いは、強度にも違いをもたらします。
より強度がすぐれているのは、天然石を主原料とした人造大理石です。
建築業界では、両者をまとめて「人大(じんだい)」と呼ぶことが多く、樹脂類が主原料であっても人造大理石と呼ぶケースも増えてきています。

キッチンの天板素材である人口大理石と人造大理石のメリット
樹脂類を主原料とした人工大理石のメリットは、デザインの豊富さや加工の容易にあります。
天然素材では難しい柄や色、形も自由自在に選択できるのは大きなメリットと言えます。
また、見た目の高級感は天然大理石や人造大理石に比べて劣るものの、コストがより安くメンテナンスも簡単な点も魅力です。
一方、人造大理石のメリットは、天然石を主原料としているため天然大理石により近い高級感があることです。
天然大理石では使用できない水回りにも使用できるのもポイントでしょう。
くわえて、人工大理石と人造大理石を、他のキッチン天板素材と比べた際のメリットもご紹介します。
天然大理石と比べた場合のメリットはコストの安さであり、ステンレスと比べた場合のメリットとしては高級感やデザイン性の高さ、水垢の目立ちにくさやサビ発生リスクの低さなどが挙げられます。


まとめ
キッチンの天板素材としてよく使われている人工大理石や人造大理石は、天然大理石に近い見た目でありながらもコストは天然大理石より安いという強みがあります。
ステンレス素材と比較してもメリットは大きいため、住宅購入におけるキッチン天板素材選びの際は、ぜひ前向きに検討してみてください。郡山市で不動産購入するなら、サンズ株式会社へお任せください。何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^_^*)



”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る