不動産購入時に選べる共有名義とは?メリットやデメリットもご紹介!の画像

不動産購入時に選べる共有名義とは?メリットやデメリットもご紹介!

豆知識



共有名義はマイホームの購入時に選ばれることがありますが、知っておきたいデメリットもあります。
将来困った状況に陥らないためにも、共有名義の基本や特徴は今一度確認しておきたいところです。
そこで今回は、共有名義とはそもそも何かにくわえ、不動産購入時に共有名義を選ぶメリットやデメリットもご紹介します。

不動産購入前に確認!共有名義とは?
共有名義とは、不動産購入にあたって複数人で資金を出し合い、自分が負担した金額に応じて各自が物件の所有権を得る形態です。
つまりはこれから購入する不動産の所有者が複数となる形態であり、物件の所有権を分散したかったり、単独で不動産を買えるだけの費用がなかったりするときなどに活用されます。
購入する不動産を共有名義にしたいときは、物件の取得後におこなう登記を複数人の名義でおこないます。
このとき、各人が得ている所有権の割合である持ち分も登記しなくてはなりません。
持ち分は不動産購入時に出した費用の割合に応じて決まるものであり、たとえば夫婦で費用を折半した場合は2分の1ずつの持ち分で登記するのが基本です。

共有名義による不動産購入のメリット
夫婦の共有名義でマイホームを買った場合、住宅ローン控除を夫婦がそれぞれで使用でき、通常よりも節税できる場合があります。
住宅ローン控除は各世帯につき1人分しか使えないと決まっているわけではなく、住宅ローンを使ってマイホームを買っているなどの要件を満たせば、2人分でも適用されるからです。
また、マイホームの売却時の節税でよく使われる「3,000万円の特別控除」も、共有名義なら2人分適用される可能性があります。
うまくいけば通常よりも売却金に課税されにくくなり、手元に多くのお金を残せるでしょう。

共有名義による不動産購入のデメリット
取得した不動産を共有名義にすると、物件の所有者の誰かが他界した際に所有権が遺族に相続されます。
相続人が複数いる場合、全員が新たな所有者となって権利関係が複雑になるおそれがあります。
次に、購入する不動産を共有名義にするなら、持ち分の設定に注意が必要です。
物件価格の3分の1しか負担していないのに持ち分は2分の1にするなど、不動産購入時の負担割合を超える持ち分が設定された方には贈与税が課せられる場合があります。
このほか、共有名義にするために複数の方がそれぞれでローンを利用する場合、融資にかかる手数料も各自に請求され、諸費用が通常よりもかさんでしまいます。

まとめ
共有名義とは、購入する不動産の所有者が複数となる形態です。
場合によっては住宅ローン控除を二重に使えるなど、一定のメリットが得られます。
しかし物件の所有者の誰かが亡くなった際に権利関係が複雑になるなど、デメリットもいくつかあるため注意が必要です。


”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る