不動産売却前におこなうべきインスペクションとは?メリット費用をご紹介!の画像

不動産売却前におこなうべきインスペクションとは?メリット費用をご紹介!

豆知識



不動産売却の際、売却する物件のインスペクションを勧められることがよくあります。
インスペクションは、住宅の価値を担保してくれる心強い存在です。
今回は、不動産売却前におこなうべきインスペクションとはなにか、そのメリットやインスペクションにかかる費用についてご紹介します。

不動産売却前におこなうべきインスペクションとは?
インスペクションとは、既存の住宅をすみずみまで調査して劣化している部分やそのほかの瑕疵がないか確認することです。
インスペクションに関しては宅地建物取引業法に規定があり、国の定めた既存住宅状況調査方法基準に従って既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士がおこないます。
住宅の売却後、万が一瑕疵が見つかった場合に売主が負担しなければならない損害を賄ってくれる既存住宅売買瑕疵保険に加入する際は、インスペクションを実施しておかなければなりません。
インスペクションの結果によって不動産の査定額が変わる可能性があるため、なるべく査定前のタイミングで済ませておくのが良いでしょう。
不動産会社は中古住宅の売買を仲介する際にインスペクションについて説明することが義務化されており、希望すればインスペクションの業者を斡旋してもらえます。

不動産売却前にインスペクションを実施するメリット
インスペクションのメリットは、建物の劣化や瑕疵の有無をしっかり調査したうえで売却するため買主が安心して物件を購入できる点にあります。
瑕疵を把握したうえで納得して購入すれば、そのあとの改修計画なども建てやすくなるため購入を前向きに検討してもらえるのです。
不動産会社側も物件の状態を把握して仲介できるため、契約後のクレームなどのトラブルに対処しやすくなります。
物件の状態を保証し、なるべく早く売却するためにはインスペクションが便利です。

不動産売却前にインスペクションをおこなうための費用
住宅のインスペクションにかかる費用は、5~7万円ほどが相場です。
インスペクションを実施する住宅がマンションなのか一戸建てなのかで費用が変動するほか、一戸建ての場合はさらに家の広さによっても値段が変わります。
マンションであれば約5万円で済みますが、500㎡前後の一戸建てでは約7万円かかることがほとんどです。
また、機材を多く投入して精密な検査をおこなうほど費用が上がり、10万円を超すこともあります。
実施する企業によっても費用は異なりますが、あまりに安い会社はインスペクションをおこなう人物の経験年数などに不安が残る可能性もあるため注意しましょう。

まとめ
不動産売却の前にインスペクションを実施すれば、該当の物件の劣化部分や瑕疵が把握できるため買主が安心して物件を購入できるようになります。
物件の価値が保証されることにもなるため、結果的に早期売却につながり売主側のメリットにもなるでしょう。郡山市で不動産購入するなら、サンズ株式会社にお任せください。



”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る