戸建てを購入して太陽光発電を設置したい!気になる費用やメリット・デメリットとは?の画像

戸建てを購入して太陽光発電を設置したい!気になる費用やメリット・デメリットとは?

豆知識





環境問題への関心がますます高まっている昨今、日本でもエコのためのさまざまな対策が講じられています。中でも私たちの生活に近いものの一つとして、太陽光発電があります。
ここでは、戸建てを購入する際に太陽光発電を設置する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのか、詳しくご説明していきます。


戸建てに太陽光発電を設置する場合の費用について
太陽光発電を設置する場合メーカーや規模によって違いがありますが、その費用は一般的に100~250万円ほどが相場です。
費用の内訳は、ソーラーパネル本体の価格に加えて設置するための費用や接続費用になります。
決して安くはないソーラーパネルの設置費用ですが、国からの補助金は2013年度までで終了しています。
現在は都道府県や市区町村など、各自治体による補助金のみとなっているため、設置前に戸建てを購入する地域に補助金制度があるかどうか、あらかじめ調べておきましょう。


戸建てに太陽光発電を設置することのメリットとは?
電気代を節約できる
太陽光発電で太陽の光を電力に変換したものは、家庭で電力として効率的に使用することができるので、電気代を節約することができます。

余った電力を売ることができる
自宅で使いきれない余った電力がある場合は、電力会社に売ることができ、副収入になります。
太陽光発電設置後10年の間は、FIT制度によって高い価格で売ることが可能です。

断熱効果がある
屋根に太陽光発電を設置することで、真夏の強い日差しを吸収してくれます。
さらに、冬は室内の暖かい空気が屋根から排出されてしまうことを防ぐ効果があります。

災害時に電気を使うことができる
大きな災害が起こり停電してしまった場合に、太陽光発電があれば電力を使用することができます。



戸建てに太陽光発電を設置することのデメリットとは?

固定資産税が高くなる可能性がある
新築の戸建て住宅に太陽光発電を設置する際に【屋根一体型】のものを選ぶと、住宅の一部分としてみなされて固定資産税がかかってしまいます。

設置費用が高額
太陽光発電を設置するためには先程もお話したように、高額な初期費用がかかります。

メンテナンス費用がかかる
太陽光発電は定期的に点検やメンテナンスを行う必要があり、維持するためのコストがかかります。


福島県からの補助★

お問い合わせ先



郡山市からの補助★


お問い合わせ先








太陽光発電を戸建てに設置する場合、高額な初期費用がかかるので、自治体からの補助金があるかどうか前もって確認しておきましょう。
また、太陽光発電を設置することにはさまざまなメリットがあるとともに、デメリットがあることも考慮して検討することが大切です。



ぜひ、ご参考ください(*^▽^*)

”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る