エレベーターのないマンションを売却する際のコツと注意点とは?の画像

エレベーターのないマンションを売却する際のコツと注意点とは?

豆知識





一般的にエレベーターのないマンションを売却するのは難しいといわれています。
しかし、コツさえ押さえればエレベーターが設置されていなくてもマンションは売却できます。そこで、今回はエレベーターのないマンションを売却する際のコツや注意点をご紹介していきたいと思います。


エレベーターのないマンションを売却する際のコツとは?

3階以下であれば問題ない
エレベーターのないマンションがなぜ売却しにくいのかというと、自室まで階段で歩くのが大変だからです。しかし、3階以下の部屋だとあまり大変ではないため、エレベーターの有無に目を向ける方は多くありません。そのため、エレベーターのないマンションでも、3階以下であれば有利に売却を進められます。

ターゲットを選定する
エレベーターがなく、不便になる方は多くいるので、誰にでも売って良いわけではなく、ターゲットを選定する必要があります。
たとえば、子連れやお年寄りのいる家族では、階段上り下がり負担がかかるので、エレベーターがあるマンションを探すでしょう。
こうした方たちに目を向けてしまうと、全く売却されなくなってしまいます。
そこで、以下のような方たちに目を向けることで、エレベーターがなくても売却しやすくなるでしょう。


●健康増進を考えている方
●小学生以上の子供がいる方
●単身者
●事業者


資産価値を高める
また、エレベーターがないという欠点を補うために資産価値を高めることも1つのコツです。
おしゃれに改造してみたり、間取りを変更してみたるすることで買いたいと思う方が増えるでしょう。
また、資産価値を高めたことにより、エレベーターがあるマンションよりも高値で売却できる可能性もあるので、挑戦してみましょう。


エレベーターのないマンションを売却する際の注意点とは?
エレベーターのないマンションを売却する際にはどのような注意点があるのでしょうか。

売出価格を下げる
まず、売出価格を見直し、必要があれば下げましょう。
売出価格を間違えていると、ほとんど売却されません。相場などから再検討し、売出価格を付けましょう。

差別化を図る
また、ほかの物件と差別化を図ることも大切です。同じような物件であれば、当然エレベーターのある物件を選ぶ方がほとんどでしょう。そのため、何かしらで差別化を図り、興味を持ってもらうようにしましょう。








まとめ
今回は、エレベーターのないマンションを売却する際のコツと注意点をご説明させていただきました。ターゲット選定や資産価値の向上などのコツを活かし、売却に臨みましょう!


”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る