郡山市で不動産売却する際に加入しておきたい【既存住宅売買瑕疵保険】とは?の画像

郡山市で不動産売却する際に加入しておきたい【既存住宅売買瑕疵保険】とは?

豆知識



不動産を購入する際に加入する保険といえば、火災保険や地震保険を思い浮かべる方が多いでしょう。
一方、不動産を売却する際に加入しておきたい保険に「既存住宅売買瑕疵保険」というのがありますが、初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、「既存住宅売買瑕疵保険」とはどのような保険か、加入するメリット・デメリットについて解説します。

不動産売却時に加入しておきたい既存住宅売買瑕疵保険とは?
既存住宅売買瑕疵保険とは、不動産売却で契約不適合責任が発生した場合、その費用などを填補してくれる保険です。
契約不適合責任とは不動産売却時に売主が負う責任で、売却した不動産に事前に買主に伝えていない不具合が発覚した場合、売主は修理や補償をおこなわなくてはなりません。
既存住宅売買瑕疵保険に加入しておくと、保険の範囲内で保険金が支払われるため、補修費用などの売主の負担が軽減されます。
補償対象となるのは、基礎や床、柱、壁、屋根などの基本的な構造部分と、雨漏りに関する部分です。
保険料は2~5万円が相場ですが、戸建てやマンション、適用年数や保険金額によって異なります。
また、加入するためには専門機関による検査が必要で、検査料として5~10万円程度を用意しておくと安心です。

不動産売却時に既存住宅売買瑕疵保険に加入するメリット
不動産を売却するにあたり、瑕疵に関するリスクは避けられません。
とくに買い替えで新しい家の住宅ローンを支払っている場合、修理費用を捻出するのも一苦労です。
既存住宅売買瑕疵保険へ加入しておけば、修理費用の負担が減るほか、トラブルへの対応もしてもらえます。また、買主に安心感を与えることもできるでしょう。
さらに、既存住宅売買瑕疵保険に加入すると、住宅ローンの減税や買い替え特例など税金に関する優遇措置が買主に適用されるため、買主が現れやすくなるのもメリットです。

不動産売却時に既存住宅売買瑕疵保険に加入するデメリット
デメリットは、既存住宅売買瑕疵保険へ加入すると家の売却費用が増えることです。
おおよそ7万円~15万円ほど多く必要になるでしょう。
また、保険代や印紙税は売却代金が入る前に支払わなければならない点もデメリットのひとつです。
さらに、築年数が古すぎる家の場合、既存住宅売買瑕疵保険へ加入するために改修工事が必要となるケースもあります。改修工事が必要となった場合は時間や費用がかかり、売却のタイミングを逃してしまう可能性もあるでしょう。


まとめ
既存住宅売買瑕疵保険は、不動産売却時の契約不適合責任に備えて加入しておくと安心な保険です。
しかし、費用がかかるうえ、売却代金が手に入る前に支払わなくてはならない費用もあります。
自己資金がどれくらい出せるかを把握し、加入するかを検討しましょう。
郡山市で不動産購入するなら、サンズ株式会社にお任せください。何かご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^♪


”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る