不動産売却における司法書士の役割とは?の画像

不動産売却における司法書士の役割とは?

豆知識



不動産を売却する際は、決済時の登記手続きで司法書士にお世話になります。
依頼には費用がかかり、自分で手続きできないか検討される方もいるため、依頼金額や役割についてご紹介します。
本記事をお読みいただくことで、なぜ依頼する必要があるのか納得できる判断材料として、メリットも記載しているので参考にしてください。

不動産売買における司法書士の役割とは?
そもそもどのような職業なのかご存じでしょうか。
専門的な法律知識に基づき、登記や供託の代理をおこなう有資格者です。
不動産取引での主な役割は、所有権の移転や抵当権の抹消登記に関する、申請書類の作成や代理申請などです。
抵当権が設定されたままでは不動産を引き渡せないので、抹消手続きが必要です。
抹消手続きが完了すると引き渡しもおこなわれ、所有権者が売主から買主に変更になる手続きも、司法書士が代理でおこなってくれます。
余談ですが、登記申請は司法書士でなく個人でもおこなうことができます。
ただし、必要書類が多く少しでも不備があると受け付けてもらえないため、リスクや手間を考えると依頼するのが無難でしょう。

不動産売買における司法書士に依頼するメリットとは?
登記は個人でもおこなうことが可能と伝えましたが、依頼することで得られるメリットがあります。
不動産売買は、一生に一度あるかないかの大きな取引です。
詐欺トラブルが発生するケースもあり、個人間だけで売買すると信頼面で懸念が残ります。
代理で登記や書類作成をおこなってもらうことで、売主・買主双方に安心でき、被害を未然に防ぐことが可能です。

また、所有権を移転する手続きを行う法務局は土日休みのため、本人がおこなう際は平日に仕事を休む必要があります。
不備があると再度法務局に行く必要があるので、司法書士に依頼したほうが時間を短縮できます。

不動産売買における売主が司法書士に依頼した際の費用
司法書士が不動産売却時におこなう登記費用は、登録免許税司法書士報酬に分かれます。
登録免許税は、抵当権抹消登記や住所変更登記・氏名変更登記といった所有権移転登記にかかる税金のことです。
報酬は地域によって異なりますが、5〜10万円かかります。
所有権移転登記は固定資産税×税率で計算でき、国税庁の税率は2%になるため、1,000万円の土地であれば20万円かかります。



まとめ
不動産売却において司法書士は、登記の手続きを代理でおこなってくれる有資格者です。
ご自身でおこなうことも可能ですが、トラブル回避や手間を短縮できることから、依頼するのがおすすめです。
不動産売却では大きなお金が動くことになるため、金融機関や不動産会社から紹介してもらうなど、司法書士選びは慎重におこなってください。
不動産売却をご検討の方はサンズ株式会社へお任せください。何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^_^*)




”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る