マイホームのローン返済に利用できるフラット35についての画像

マイホームのローン返済に利用できるフラット35について

豆知識



夢のマイホームを購入する際、多くの方がローンを利用します。
そのなかで、さまざまな金融機関や制度を吟味する方も多くいるでしょう。
この記事では、マイホーム購入のために住宅ローンを組む際、利用できるフラット35の基礎知識や利用するための審査条件、デメリットをご紹介します。

マイホームのローン返済が安定する!フラット35とは
フラット35とは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して扱っている住宅ローンです。
新築・中古のマイホームの購入や、ほかの金融会社で借りた住宅ローンの借り換え、一部リフォームや増改築のために利用できます。
また、金利が民間では扱いにくい固定型であることが最大の特徴です。
返済額が一定のため、資金計画を立てやすいというメリットがあります。
さらに、耐震性や省エネ性などの項目で一定の基準を満たせば、当初の金利を引き下げられるフラット35sを利用できます。

マイホーム購入時にフラット35を利用するための審査条件
フラット35を利用するためには、クリアしなければならない審査条件がいくつかあります。
まず契約者についての条件は、利用した際に返済負担率が基準値以下であることが条件です。
これはすべての借り入れの年間合計返済額が、額面年収が400万円未満であれば30%以下、400万円以上であれば35%以下でなければなりません。
次に住宅についての条件は、住宅金融支援機構が定めた技術水準を満たす住宅であることです。

マイホーム購入時にフラット35を利用するデメリット
フラット35を利用するには、デメリットもついています。
まず、頭金を用意できなければ金利が高くなることです。
借り入れる額の1割未満の頭金を払えなければ、金利が変動してしまいます。
次に、審査に住宅の技術基準が含まれることです。
この技術基準を満たしているかを確認するために、事前に指定機関による審査を受け、さらに適合証明書を発行してもらわなければなりません。
この書類もまた取得のために手数料がかかるため、時間や手間、費用がかかりとても厄介です。
このようなデメリットをご紹介しましたが、問題とならなければ借り入れしても良いでしょう。



まとめ
フラット35の最大のメリットは、金利が一定のため安定してローンの返済ができることです。
その一方でデメリットもいくつかあるので、利用する前に慎重に検討する必要があります。
ローンを組んでマイホームを購入する場合、利用するかどうかを一度検討してみてもよさそうです。郡山市で不動産購入をご検討の方はサンズ株式会社へお任せください。何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^_^*)





”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る