サンズ株式会社 > サンズ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 居住中の自宅を高く売るポイントや注意点とは?

居住中の自宅を高く売るポイントや注意点とは?

≪ 前へ|【リフォーム済み】中古物件情報!!   記事一覧   市街化調整区域とは?|次へ ≫

居住中の自宅を高く売るポイントや注意点とは?

カテゴリ:豆知識



住み替えを検討している方のなかには、住みながら自宅を売却できないかと考えている方もいるでしょう。
結論からいえば、住みながらでも売却可能ですが、早期・高値売却を目指すならコツを知っておかなければなりません。
そこで今回は、居住中の自宅を高く売るコツについて3つのポイントをご紹介します。

住居中の自宅を高く売るコツ
1、部屋を片付けておく
自宅をなるべく早く・高く売りたいなら、第一印象を良くする工夫を凝らしましょう。
とくに居住中の物件は生活感が出やすいため、荷物の整理整頓や片付けをおこなう必要があります。
不要なものや収納に入りきらないものは思い切って処分するのがおすすめですが、時間が掛かる場合にはトランクルームに預けるのも良いでしょう。
また、必要に応じてハウスクリーニングを実施することで、すっきりとした印象を与えることも可能です。
室内の物が減れば、購入希望者は内見時に広い範囲を確認できるため、入居後のイメージもしやすくなります。

2、換気をする
生活臭やタバコ臭などが残っていると、物件の印象が一気に悪くなるため、内見前にはすべての窓を開けて換気するようにしましょう。
ただ、キッチンやトイレ・バスルームは換気が難しく、普段から入念なお手入れしていないとカビが繁殖しやすくなります。
壁や天井の黒ずみは購入希望者にマイナスの印象を与えてしまうので、綺麗に取り除いておきましょう。
室内のにおいは生活していると気付きにくいため、芳香剤やスプレーなどを利用するのもおすすめです。

3、照明を設置する
自宅を高く売るためには、照明を設置して室内を明るくすることも重要なポイントです。
自然光が入ってくる物件なら窓際に物を置かないようにして、光が入るようにしておくと良いでしょう。
照明の色は部屋の印象を大きく左右するため、適度に間接照明を使用するのもおすすめです。
内見前にはすべての部屋に照明が付いているか確認し、電球切れのものは交換しておきましょう。
とくに浴室の電球はチェックし忘れることが多いため、しっかりと頭に入れておくことが大切です。



まとめ
居住中の自宅を高く売るためには、荷物の片付けや換気の徹底・照明の設置などをおこなう必要があります。
購入希望者に好印象を与えられるように、細部まで工夫を凝らすことが大切です。
内見時のイメージは購買意欲を左右するため、入念な計画を立てておきましょう。
郡山市で不動産購入するなら、サンズ株式会社へお任せください。何かご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^_^*)



≪ 前へ|【リフォーム済み】中古物件情報!!   記事一覧   市街化調整区域とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


郡山ダイカンプラザ  

郡山ダイカンプラザ  の画像

価格
750万円
種別
中古マンション
住所
福島県郡山市栄町6番地の6
交通
郡山駅
徒歩20分

郡山市大槻町字荒久    2号棟   朝日が丘小学校、郡山第1中学区 

郡山市大槻町字荒久    2号棟   朝日が丘小学校、郡山第1中学区 の画像

価格
2,870万円
種別
新築一戸建
住所
福島県郡山市大槻町字荒久25-13
交通
郡山駅
徒歩63分

トップへ戻る

来店予約