葬儀場や火葬場の近くは不動産売却価格に影響する?の画像

葬儀場や火葬場の近くは不動産売却価格に影響する?

豆知識


不動産売却をしたいけれど、近くに葬儀場や火葬場があっても売却できるのか、悩んでいませんか?
葬儀場や火葬場が近くにあっても、不動産売却はできます。
今回は、葬儀場や火葬場近くの不動産売却の価格への影響や、売却のコツをご紹介します。

葬儀場や火葬場近くは不動産売却価格に影響する?
葬儀場や火葬場に近いと不動産価格に影響するか、気になるポイントでしょう。
結論からいうと、立地が良ければあまり売却価格に影響は及ぼしません。
不動産売却価格に影響するかどうかは、買主側の心理的瑕疵に影響するかどうかで変わってきます。
心理的瑕疵とは、買主が「知っていれば購入しなかった」と思うような瑕疵を指します。
そのため、葬儀場や火葬場が近くても気にせず立地の良さをメリットと考える方に売却するのであれば、価格に影響しません。
ただし隣接している場合、特に火葬場では悪臭や煤煙の影響があるので、心理的瑕疵を感じる方の割合も多くなるでしょう。
一般的に、葬儀場や火葬場は嫌悪施設と呼ばれます。
嫌悪施設に近い場所だと、物件そのものに問題がなくとも購入したいと思う方が少なくなる可能性があります。
立地が良い場合はともかく、立地が良くない場合は嫌悪施設に近いという理由で売却価格に影響が出てくるでしょう。

葬儀用や火葬場近くの不動産売却のデメリットとは?
先にも説明したように、葬儀場や火葬場が近くにあるという事実が、心理的瑕疵とみなされる場合があります。
そのため買主にきちんと告知していないと、契約不適合責任を負うなどトラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。
また火葬場の近くの場合は、都市計画などの建築規制で宅地として利用できないケースがあり、これもデメリットとなります。
宅地として利用できる場所かどうか、売り出す前に確認をしましょう。
葬儀場や火葬場は嫌悪施設にあたるため、購入を希望する買主が見つからない可能性もあります。

葬儀場や火葬場近くの不動産売却のコツとは
まずは、一般的な価格で売り出してみるのがおすすめです。
葬儀場や火葬場を気にしない方もいるので、まずは一般的な価格で売り出して様子を見ましょう。
葬儀場や火葬場が近いのが理由で、不動産売却できない場合は価格を下げての売り出しを検討しましょう。
それでも売れない場合は、宅地以外の売り方も検討するべきです。
例えば、近くに葬儀場があるならば葬儀会社に駐車場の土地として購入してもらえないか相談してみるなど、他の方法を検討してみると良いでしょう。

まとめ
今回は、葬儀場や火葬場が近くにある不動産の不動産売却についてご紹介しました。
嫌悪施設が近くにあるとデメリットとなり、一般的な価格での売却が難しい場合があります。
なるべく損をしないように、ご紹介したコツを参考に売却を検討してください。郡山市で不動産売却をご検討の方は是非、サンズ株式会社へお任せください。

”豆知識”おすすめ記事

  • 一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!の画像

    一戸建の屋根修理・メンテナンスの時期と費用は?火災保険適用について解説!

    豆知識

  • 新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説の画像

    新築一戸建てを購入する流れとは?物件の種類や注意点も解説

    豆知識

  • 行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!の画像

    行方不明者の不動産を売却したい!知っておきたい方法をご紹介!

    豆知識

  • ハザードマップとは?の画像

    ハザードマップとは?

    豆知識

  • 新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?の画像

    新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類は?

    豆知識

  • 売れ残りの建売住宅がある理由とは?の画像

    売れ残りの建売住宅がある理由とは?

    豆知識

もっと見る